古い自動車の買上げの金額に修理の跡とはどのぐらい影響してくるか見ていきましょう

中古の車の売り渡しを依頼したときには、最初に格づけを受ける事となります。その際の審査に関しては買取ショップの方がおこなうわけですが、自動車マーケットの相場等から値段がはじき出されるというものになります。

大抵ユースドカーとして売りに出されている値段の20~30%位が売値と言われているようですが、人気くるまだったり、珍しいくるまであったりする時には思った以上の高い査定が付くなどのときもあるのです。その他、年式は新しい方がやっぱり高くなります。一方でそのような見積価格はその使っていた自動車が万全な状態の場合であり、問題があるときは低い鑑定となります。なかでも修復の跡というのは見積価格に大きく影響してきます。

修理歴とは言っても定義が曖昧ですが、とりあえずくるまの基礎であるフレームの部分まで及ぶようなアクシデントを起こしたお車は事故車という事になります。そういった修復歴のあるクルマは将来的になにか悪影響が出るかもしれないというリスクが存在するので、見積価格においてはマイナスになります。一方、フレームの部分までダメージがなく、外見を手直ししたぐらいであれば無問題ですが、とはいえ修復歴としてはつくことになります。

勿論、修復歴が付く訳なのでマイナスの被害はあるものですが、事故車よりも安く値踏みされることは無い筈です。他にも、エンジン等に面倒が起きている場合にもマイナスに審査されますし、常々の整備の良し悪しが買取金額に影響されます。

そのあたりは素人目にはちんぷんかんぷんですが、品評をおこなっている専門ショップではしっかり状況を見逃さない筈です。

どちらのケースでも修理歴は無いという事が自分の車の見積価格についてアップできるかどうかの分かれ目となってきます。