中古の車を処分する時の仕方の関連で、ここらでしっかり確認しておきましょう

使っていた車を売りはらうさいのやり方には買い取りと下取りというのが御座いますね。下取の場合は次の愛車を入手する時一緒に今迄お乗りの中古車を買い取ってもらうというものです。だいたい販売会社が引き受けをおこなうため買い取り額のほうはどっちかというと低価格に見られる場合が多いです。

もう一方の買取の方はユーズドカー買い取り専門ショップがおこなっており、使用済みの自動車として販売する事を前提として買い上げの値段を決めるため、結構高値での買受が期待できます。どっちにしてもユーズドカーを売却する事であり、売り払う前に引き取り額を決定するための格付けがおこなわれます。

見積りをお願いする時気になるのがリサイクル料となります。使用していた自動車の値踏みで示される金額としてはその愛車本体のお値段、所有車に附随するリサイクル料とか自賠責保険といったものを加えたお値段の二つの種類がございます。リサイクル料についてはその不要車を購入した際、又はリサイクル料が払われてなかったときには車検の時に支払いとなるもので、のちに使用済みの自動車を廃車として壊してしまうさいに必要になるエアバッグ類、フロン類、シュレッダーダスト等々リサイクルするさいの代金ということで使用されます。「リサイクル料」はJARS(自動車リサイクルシステム)に預け入れることとなり、解体する時JARSから支払われるということとなります。

その際の料金は大体、軽自動車なら8000円くらい、国産車の場合で1万円ほど、外国の車の場合約1万5千円、そのほかで2万円ぐらいを入れる必要がございます。たいていの使用していた車買い上げの場合、これらのリサイクル料を使用していた車の買い取り額とは別個で引受される事となるんですが、リサイクルの料金を含んで評定値段となってるケースもあり、引取りをお願いする時は事前に確認しておくのが大切です。