中古の車の買受けはローンが終了前であったとしてもOKでしょうか?見ていきましょう

中古の車の買取店に値踏みを頼んだものの、残債を払いきれていないこともあるかもしれないですね。そのような際は、売る予定の中古の自動車の持ち主がアナタ自身なのか誰かほかの人であるのかをともあれチェックしておく事が必要です

実際のところ、所有権はどのあたりを見たら分かるかというと、車検証に載っているお名前の方がその中古自動車の名義の方ということになります。

今のマイカーを購入する際に銀行等が提供するローンを組んだのであれば、こちらの自動車検査証に載っている名前がご本人のお名前となっていると思いますが、自動車ローンを設定されたのがクレジット系の会社である場合だと氏名がその会社の記載となる筈です。クレジット会社で割賦契約を組む場合どうしてこのようにその会社を所有者として記載するのかというと、それは月賦が止まった場合、スグにマイカーを担保という形で確保することを考えている為です。

そのような事情で所有名義がローン会社となっている際はその車を勝手に売り払う事は出来ません。それであっても売却したいならまずは返済を全て終了させるかローンの組み替えをして持ち主をアナタの名前に変えた後で売ることが求められます。しかし、現実問題こんな手続きが可能なのは今手持ちの資金がとても多い時に限られます。それじゃあキャッシュが無いのであればどんな方法を取るのが良いのでしょうか。

そんな場合は、品定めをしてくれた古い自動車買い取りのお店にご相談いただけると、使用していた自動車の売値から残りの返済分をキレイにし、名義を貴方自身の名義にチェンジしてもらうことが可能です。手続きの方も全てにおいて買取専業店にお任せできるので大丈夫です。