ユーズドカーの引き受けというのはローン完済前の場合でも大丈夫?チェックしましょう

古い車の買い取りのお店に評価を依頼したものの、分割金を完済していないなんてケースもあるかもしれません。こうしたケースだと、その売却希望の使用済みの車の所有が自分なのかそれ以外の人なのかをとにもかくにも把握しておく必要性があるのです。

実際のところ、名義についてはどの部分を見れば把握できるのかといえば、「車検証」に書かれているお名前の人が古い車の所有者となります。

今のくるまを購入する時に銀行系のローン支払いを設定した際は、こちらの自動車検査証に記載されている氏名がご本人の名前になってるはずですが、そのローン支払いを設定したのが信販会社だったケースでは氏名がクレジット会社の記載になるはずです。クレジット会社で割賦契約を組む場合何故このような形で信販会社を名義人として記載するのかというと、その理由としては毎月の支払いが滞納したりしたら、スグにおくるまを差し押さえて確保するためです。

こんな理由から所有者名義がクレジット会社となっているケースではそのマイカーを好きなように売ってしまう事は不可能です。それであっても手放したいならまず返済を全て終了させるか分割払いの組み換えによって名義を自分の名前に変えた後で手放す必要があります。とはいえ現実問題そんなことが可能なのが現在持っている資金が沢山ある時に限られてしまいます。では現金が不足している時はどんなやり方をするのがよろしいのでしょうか。

そのようなケースでは格づけを行って頂いたユーズドカー買取ショップにわけを話せば、u-carの売却額から残債の支払いの分を支払し、名義人の欄をご自分のお名前に変更して頂くことが出来ます。手続きも全部買い取りのお店に任せることが可能なので心配いりません。